太陽のように輝き続けるためのブログ

「いじめで自殺」は生きてる楽しさを知らないから

ohana-kodomo

いじめで自殺って、減らすことは可能ですが、きっとなくなることはないですよ。

大人になったってあるんですから。

いじめの原因もそれぞれですが、頭が悪い、不細工、臭い、でかい、小さい、小さな違いでもいじめの対象になり得る。

だからいじめをなくすなんて十人十色の人間である以上無理でしょうね。

でも自殺は減らせる。

いじめを受けてる子の共通は外部に心配をかけさせてくなかったり、孤独ということが原因ですよね。

ってことは、学校だったり、先生だったり、最終的にはやっぱり親ですよね。

親が子供に、生きる楽しさを与えるということがかなり大事なんじゃないかと思います。

でも中には、親が大好きだから、心配をかけさせたくないから、1人で抱え込んでしまうっていうこともありますね。

ってことは、赤ちゃんの時からしっかりと意思疎通をしておくべきです。

なにがあった。どんなことをした。誰になんと言われた。など。

これを行なっていれば、核心的なことを本人から聞かなくても、なにかあったんじゃないかって思わせる「何か」を感じ取ることができると思うんです。

これが自殺を止めることにつながると思います。

1人でつらい。

この状況をいかに共有して辛さを分けられるかですね。

あと、いじめる子供の問題。

この前、いじめの度が過ぎて死亡させてしまった事件ありましたよね。

これは、周りの人どうこうじゃなくて、教育のあり方の問題だと思います。

まず、体罰を根絶してしまった教育法。
これによって子供達の痛みに対する知識がない状態になってしまったことが原因だと思います。

過度の体罰はダメですが、根絶もダメですよ。

でも、根絶させてしまった背景にはやっぱり親の存在ですよね。

なんでうちの子に!!

って言われたら学校側は対処しなければなりません。

叩かれた生徒の親がそのことについて子供としっかりと話さないから、おそらく親と子供の関係や意思疎通がうまく行ってないから、そういう家庭に学校は合わせなきゃいけないんです。

それによって、子供は痛みの勉強をしなくなっちゃったんでしょうね。

モンスターペアレンツっていう言葉が出て、それが子供たちの未来にどれだけの影響を与えてるのか考えないんでしょうかね。

このいじめに対しても、人によって意見はバラバラですから、なにが良いとか悪いとかも決められないでしょうけど、今の教育法はあまりよろしくないように思いますね。
なにがしたいんだかよくわかりません。ただモンスターペアレンツのクレームをなくしたいためのルールですか。これでいじめがなくなると思ってるんですかね。

あ、学校でいじめについての講演とかやってますが、あれもほぼ無意味だと思うんですが…だって、いじめする子は寝ますよ。
そういう話は聞くっていう生徒は、その講演を聞いてなくてもいじめはしない生徒のはず。なかには現在進行形でいじめられてる生徒が、その講演によってエスカレートしたとかもありそうな…

なにが言いたいのかわからなくなりましたが、やっぱり家庭環境でしょう。ってことです。

でもきっとこんなこと書いても、モンスターペアレンツにはわからないでしょう。自分がモンスターだってこともわからないでしょうから。

どんな形でもいいから子供に生きる楽しさを与えていきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

himawarisunT・ユージ
向日葵BLOGへようこそ。初めまして『T・ユージ』です。 身体のメンテナンスに興味を持ち、最近は針灸にはまっています。筋トレも趣味のひとつです。体に関することや日々のブログを不定期に更新中…よろしくお願いします。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。