太陽のように輝き続けるためのブログ

睡眠を妨げる5つのNG行動

2015.10.13

2件

nemurenai

皆様こんにちは。

明日は早く起きないといけないのに、眠れないときってありますよね。考えれば考えるほど眠れなくなって結局寝不足で起きる。
そんなときに、睡眠を妨げる5つのNG行動というのがあるようです。

1、スマホ
ブルーライトが睡眠を促すメラトニンという物質を抑制するため、よくないそうです。スマホの光や音がドーパミンを刺激し興奮して眠れなくなるようです。
2、夕食後のコーヒー
カフェインには覚醒作用があり、カフェインが無くなるまで8時間かかるらしいです。緑茶もコーヒーと同じくらい作用します。
3、うたたね
寝る前のうたたねは睡眠欲を減少させるのであまりよくないそうです。
4、寝る2時間前に入浴する
人は体温が急激に下がるときに眠くなるそうです。なので、できればお風呂は睡眠の1時間前に入浴すると、質のいい睡眠がとれるそうです。
5、お酒
お酒の中にある、アセトアルデヒドという物質が副交換新家を刺激し、体温が上昇します。寝つきは良くなりますが、質のいい睡眠はとれないそうです。

一般的に良いとされる睡眠時間は7時間だそうで、この睡眠時間での生活を続けていれば長生きするそうです。時間が短すぎても、長すぎてもだめみたいですね。皆様もぜひ眠れないときの参考にしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

himawarisunT・ユージ
向日葵BLOGへようこそ。初めまして『T・ユージ』です。 身体のメンテナンスに興味を持ち、最近は針灸にはまっています。筋トレも趣味のひとつです。体に関することや日々のブログを不定期に更新中…よろしくお願いします。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。